.                                                                                                                                                                                                                .
「FF3」をやったことが無い / やり込みinFF

トップページ > 管理人の日記 > 2022年2月25日の記事

管理人の日記
しねい! 光の戦士ども!!

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→


■□■ 2022年2月25日(金) □■□
「FF3」をやったことが無い


 
ラスダンに出てくるボス敵たち…なんだよね?


 私は、「やり込みinFF」なんてサイトを運営しているが、
実は「ファイナルファンタジー3」だけはやったことが無いのである。
 …まず、私がFFシリーズを最初にプレイしたのは、SFCの『6』であり、当時は特に“シリーズもの”と考えていなかった。その後、しばらく時間が経ってから、初代PSの『8』を遊んで「FFシリーズ」を意識し、それより後のナンバリング作品は、オンライン作品を除いて、順番にプレイをしてきた。
 ――いっぽう、過去作については、まずは初代PSにおいて「FFコレクション」という
やたら強気なディスク版を購入し、『4』『5』『6』をプレイした。そして、更なる過去作も遊びたいと思って、携帯機のWSC(ワンダースワンカラー)で『1』をプレイし、その後のGBA移植版の『1・2』にて、FF2も経験した。また、同じくらいの時期に、初代PSの『7』も購入してクリアーをしている。ということで、この中に、FF3だけが無いのである。

 さて。FF3については、シリーズ初期作のうちでも、移植・リメイクにおいて、極めて不遇
だったという過去がある。WSCにおける移植では、124という順序であり、FF3が飛ばされた(発売予定があり、画面写真も公開されていたらしい)また、GBAの移植においても、1&2456という順であり、やはりFF3だけが存在しない。他の2D作品が全て揃っている中、明らかに仲間外れにされていたと言える。
 ――ちなみに、その理由について、
「ファミコン版FF3のプログラマーである『ナーシャ・ジベリ』のプログラムが凄すぎたため」と言われていることもあるが、個人的には眉唾であると感じる。確かに、ファミコンで組んだプログラムとしては天才的だったのかもしれない。しかしながら、それ以降の、ファミコンよりも遥かに高性能なハードで同等の表現ができないというのは、おかしいだろう。この手の、やたらと万能感に溢れる逸話みたいなものは、個人的には、尾ひれ背びれが付いたものかな…と思っている。

 その後のFF3の経緯としては、皆さまご存じの通り、2006年には
3DリメイクがDSにて発売された。FFシリーズ本編の完全リメイクは初めてであり、当時はバーチャルコンソール等に原作FC版が移植されていることも無かったため、大きく話題を呼んだ。
 …しかし、私は、
DS版FF3を購入することは無かった。これまでも何度か触れているように、当時の私は、狂気的なまでのDSブームに辟易しており、任天堂ハードで新しいゲームを買おうという意欲を失っていたからである。
 ――更に、その後も、「バーチャルコンソール等へのファミコン版FF3の移植」「携帯電話・PSP・PCへのDS版FF3の移植」などがあったが、
全てタイミングを逃してしまっている。一応、FFシリーズを揃えようという意欲はあったため、PSP版のFF3を購入済みなのであるが、未プレイのままだ。
 ちなみに。その後は、2021年になって、ピ版のFF3が発売されたが、これは3Dリメイクとは異なり、
初の2Dベースでのパワーアップ移植となっている。そのため、激しい劣化版となったピ1・2・4・5・6とは異なり、ピで唯一の前向きな存在意義を持つ作品となっている。また、2Dと3Dでゲーム性が異なるためか、旧スマホ版も「3D REMAKE」と題して現在でも購入可能となっているため、この点でもピの評価が下がってはいない。

【DS版のOPムービー】のクオリティには衝撃を受けた!(そして本編との落差にも)


 そんなわけで。私はこれまで、FFシリーズ本編ナンバリングの中で、FF3だけをプレイしたことが無い。しかしながら、
現在の私は、FFシリーズ全作のやり込み日誌を制覇したいと思っており、FF3についても、プレイを行う予定である。
 …そして、バージョンについては、
PSP版を使う予定である。FF3の主要なものとしては、ファミコン版・3Dリメイク・ピ版の3つが存在し、それぞれ方向性が異なるため、余裕があるなら全て遊ぶべきであろう。ただ、1つだけプレイするのなら、やはり3Dリメイク版であろう。
 ――さて。3Dリメイクには、DS版・PSP版・携帯電話版・PC版が存在し、これらは内容的には基本的に同一のようだ。DS版は初登場のバージョンであり、優先度が高いと言えるが、
DSで外部出力をするためには非公式な改造が必要なため、私の利用からは外れてしまう。残った環境のうち、PSP版のみがゲーム専用機でのプレイとなるため、こちらを神ハードVitaTVでプレイすることにより、録画を行っていきたい。携帯電話やPCだと、「バージョンの違い」「改造」といった話も出てきてしまうので、やはり私としては、専用機の安定した環境でプレイを行っていきたいのである。

 ちなみに。
「FF3をプレイする時期」であるが、現在の私はPSP版FF1のプレイを進めている。また、その次についても、先日に発表された「WiiU&3DSのDL版ストア閉鎖」による悪影響を防ぐため、GBA版のFF5を先に終わらせようと思っている【日記:2022/2/18】。よって、FF3をプレイするのはそれら以降ということになり、なかなか後のほうになると思われる。
 ――もっとも、私はここまで20年以上もサイトをやってきており、そう1年や2年で閉鎖するということも無いであろう。よって、
FF3をプレイすること自体は確定的である。えーっと…FF3というゲームは、ラストダンジョンがやたらと長いうえセーブポイントが無い、ジョブチェンジが初登場した、ゲーム開始時の舞台が浮遊大陸、ラスボスが1個の最強技だけを繰り返し使ってくる、DS版には主人公たち4人に固有の見た目があるが物語性はあえて省かれた、にヘッドドラゴン…。まだまだ何かありそうだ。

(2022年2月25日)

登録タグ/ FFシリーズ
この記事のURL 日記ログへ移動する / 編集

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

2022年2月25日の記事を表示しています。

日記のメインページへ
トップへ

System: Trishula Ver.1.20