.                                                                                                                                                                                                                .
21平米にやり込みinFF / やり込みinFF

トップページ > 管理人の日記 > 2022年1月28日の記事

管理人の日記
4月からの新居は、治安が たぶん結構いい

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→


2022年1月28日(金)
21平米にやり込みinFF


 
一つだけ言える真理がある。「職場の近くに住め」


 先日は、某都道府県へ、
4月からの新居を選びに行っていました。あまりじっくり選んでも仕方ないと思ったので、サッと決めてきました。
 …さて。今回、私が一番の決め手としたのは、
場所である。今回の転居の理由は就職であり、職場に通うために住居を移すということで、その通いやすさが最重要となる。私は、長時間の通勤・通学は生活レベルを下げると考えており、できれば自転車で行ける場所が良いと思っていた。その結果、職場の極めて近くに、新居を取ることができた。自転車どころか、歩いてでも行けるほどである。
 ――また。この数年、私は働いていなかったのだが、その際に、前職で貯金していた
ウン百万円単位のお金がとても頼りになった。そういうわけで、新しい仕事でも、まずは100万円、できれば1000万円貯めることを目標にしたい。そういうわけで、家賃の安さは重要なポイントである。どんなに職場に近くても、法外に高ければ、二の足を踏んでしまう。その点も考慮に入れた結果、ビックリするくらいに安価な部屋を取ることができた。まあ、田舎寄りの土地ということだと思うのだが、下手すると東京の1週間ぶんくらいである。まあ、私は都会に住んでいたこともあったけど、部屋でゲームしているばかりで、都会のメリットは全く活かせなかった。だから、電気や通信があれば、田舎でも構わないかな…。

 続いて、「場所」に付随する話として、近所に食料品などを買える店があるかということも重要である。
 …さて、その新居の近くには、
まずは格安で有名なスーパーマーケットが存在するため、この時点で最低限の生活レベルは保たれた。また、イオン・ローソン・マクドナルドと言った、日常生活で使うような店舗も、電車なしで行ける範囲に有る。逆に、ゲオやブックオフが、ちょっと遠いのだが、そんなに足しげく通うような店ではないので、大丈夫だろう。駅についても、徒歩で余裕という距離である。職場以外の周辺施設にも抜かりはない。
 ――また、気になったので聞いておいたのだが、ハザードマップについては、真っ白であった。水害の危険は無しである。また、今後、大きな地震が来る可能性はそれなりにあると思われるが、構造が鉄筋コンクリートであるため、跡形もなく消え去るようなことは無いであろう…という話であった。

 ちなみに、具体的な部屋の中身としては、
ごく普通である。間取りとしては、「1K」であり、築年数は私の年齢くらいなので、オートロックだのカードキーだのといったハイカラな装置は存在しない。トイレと風呂が一体化しているユニットバス式であり、部屋は6畳で、エアコン以外の家具等は無い。ただ、あまり安い物件だと、洗濯機がベランダだったり、はたまた外側の共用スペースだったりするようだ。それらはちょっと良くないと思ったので、洗濯機は室内ということは重視していった。
 …そして、高さは
「1階以外」である。かつて、1階に住んでいたこともあったが、盗難や泥棒など、気にすべきことが多くなるので、避けていった。逆に、あまり高すぎると、上り下りする時間が発生し、全ての場所から遠ざかってしまうので、その辺りのバランスも気にしていった。

お前を消す方法


 最後に、
インターネットである。ネットについては、最近では“マンション備え付け”という場合も少なくないが、これが速度や安定性に問題があって、あまり役に立たないことが多い。速度にこだわる場合は、自分で契約をする必要があり、その場合は“最初から有ったほう”が無駄になってしまうのだ。
 …さて、私については、ご覧の有様であり、インターネットやゲームを一番の趣味としている。そして、今後、PS5世代でのモンハンなどが発売されれば、オンラインプレイも行っていく。よって、
通信速度は、こだわっていきたいポイントの一つである。
 ――そのような前提の元、新居の資料に目を通してみると、「光インターネット」と書かれていた。一瞬ゾッとしたが、これは
「マンションまでは来ているので、あとは自分で契約してくれ」ということだそうだ。それならば、利用用途にあったプランを自分で選べるため、一安心である。

 ちなみに、今のところ、回線は
nuro光にしようかなあと考えている。nuroは、ソニー系列のインターネット提供サービスであり、最大の利点として、PS5のレンタルサービスが存在する。まあ、【公式サイト】が、私の嫌いな「固定部分で画面を大量に覆い尽くすタイプ」であり、特にPCだとスクロールできる部分が半分くらいしかなくて虫唾が走るのだが、それはともかくとし、未だに入手困難なPS5を、確実に入手できるというのは魅力である。
 …とはいえ、これも、所詮は「通信契約」「ゲーム機」という性質の異なるものを“抱き合わせ販売”しているものであり、単独では決して褒められたものではない。また、3年の契約でPS5の購入を選べるようになるのだが、そこまでの総額は、事務手数料3300円
←何の手数料だよ!?+ノーマルPS5 月額1320円×36ヶ月 + その後の購入代15620円で、合計は66440円となり、普通にPS5を買うよりも1万円ほど割高となってしまう。
 ――しかしながら、前述の通り、
正規の流通を通ったPS5を確実に入手できるのは魅力である。私は、個人としても、ゲームファンサイトの管理人としても、「転売」という脱法・反社会行為には加担するつもりは無い。そういった輩に金が回らないのであれば、PS5に払う額自体が増えることは、やむを得ないとも思う。まあ、一応、「PS5pro」みたいなものが出るなら、それに乗り換えることも可能というメリットもあるな(もっとも、その場合でも、旧PS5を15620円で購入しておいて、中古市場に流したほうが得をするだろうが…)

イタリアからで聞こえない事案を防ぐため、やはり対面は重要


 ちなみに、現在では、インターネットのみで部屋探しをできるというサービスも増えているようだが、私は
実店舗を使用していった。まあ、新職場に行く用事があって、そのついでということもあったのだが、結果的には、実際に見に行って正解であったと思う。
 …というのも。当初の私が、ネットだけで見て候補として選んでいた物件は、実店舗で話を聞いてみると、
「生活の苦しい方が住むような場所」と散々な評価であった。その代わりとして紹介してもらった住居が、今回選んだ場所となったのだが、その情報はインターネットに載っていなかった。退去済みではなく、「退去予定」だから…ということらしいが、そういった細かい部分は、やはり実店舗でないと分からないのだ。そして。条件についても、私も最初は「要望は職場に近くて安いこと」としか思っていなかったが、実際に選び始めてみると、上のほうで書いたように色々とワガママになってくるため、そういうところに柔軟に対応してもらえるのも良かった。そしてもちろん、実際に部屋を見られるのは、実店舗だけである。
 ――その他、色々有って、私は自分の住居を自分で決めるのは今回が初めてであったので、分からないことだらけであった。そのため、実際に対面で人から教えて貰えるというのは、とても助かった。男は度胸、何でも試してみるのさ!

 まあ、こういう社会情勢でなくとも、人と関わりたくないというのは分かる。
私も、人付き合いなんて、全くやりたくない。部屋から出ずに安定収入が得られる仕事があるのなら、それで一生を生きていきたいと思う。
 …ただ、やはり
「人と人が直接関わる」というのは、全ての仕事の基本であるため、ここは何とか踏ん張っていかなければならない。今の私が一番不安なのは、“辞めグセ”が付いてしまい、どんな仕事も続かないようになってしまうことだ。今回は、再就職まで時間が掛かり、予定通りとはいえ、貯金も底を突いてしまった。そのため、今度はできるだけ長く、なんなら定年まで働けるようにしたい…。
 ――そういうわけで。今回は、4月からの新職場に対して、良い新居を選べたと思う。また、それにより、仕事に対する意欲もかなり前向きとなった。
この意欲面が、実は最も重要かもしれない。早く実生活を落ち着かせて、安定したサイト更新を行っていけるようにしたいな…。

(2022年1月28日)

登録タグ/ 雑多な内容
この記事のURL 日記ログへ移動する / 編集

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

2022年1月28日の記事を表示しています。

日記のメインページへ
トップへ

System: Trishula Ver.1.20