.                                                                                                                                                                                                                .
「3Dマリオ」の全作制覇を始めてみました… / やり込みinFF

トップページ > 管理人の日記 > 2021年4月13日の記事

管理人の日記
スイッチは、4K対応とかじゃなくて、機能性能をそのままに小型化してほしい

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→


2021年4月13日(火)
「3Dマリオ」の全作制覇を始めてみました…


 
ついでに、前に楽しめなかった2D作品×2つも再トライしてみます


 唐突に、
「3Dマリオ」に属するゲーム作品を全てクリアしてみるという企画を、自分の中で始めてみました。
 …その理由は、今年の頭にプレイしたスイッチの
「スーパーマリオ 3Dコレクション」での、マリオ64・サンシャイン・ギャラクシーの3作が非常に面白かったからである。私は、PSハードを主体としてゲームをプレイしており、任天堂のソフトは、もう10年以上はまともに遊んでいなかった。しかしながら、このマリオ3Dコレクションの3作に親しんだことにより、他にも色々とマリオシリーズの作品を触れてみたくなったのだ。
 ――なお、本日より、関連する記事に、
【「3Dマリオ」のタグ】を振って整理することにした。3Dコレクションに収録されている3作品の感想も、遡ってタグを付与している。うん…せっかく自分で頑張って機能をプログラミングしたのだから、ちゃんと使おうか…。

 さて。マリオシリーズと言っても、“マリオというキャラクターが出演するゲーム”なら山ほどある。また、アクション作品に限ってみても、2Dアクション・3Dアクションで様々である。そのうち、2Dアクションは、「マリオ本人が登場する“本編”」から「関連キャラを主人公に据えたスピンオフ」的な物まで多数だが、残念ながら
出来のあまり良くない作品が多いようだ(私に合わないというだけ?)
 …いっぽうで、「3Dマリオ」に限ってみると、マリオ64・サンシャイン・ギャラクシーの3作品は、どれも私にとって
良作〜傑作と呼べるものであり(ただし、マリオ64は、発売当時の基準で評価した場合)、今のところ3打数3安打である。しかも、3Dマリオは「本編」的な作品がほとんどのようで、数もそこまで多くないため、そこまで本腰を入れずとも、自然に網羅できると考えたのだ。

 それでは、まず、「3Dマリオ」に属すると思われる
8作品を、リストアップしてみることにしよう。


 プレイ済み作品

 
「スーパーマリオ64」(1996/ニンテンドー64)
 3Dマリオの開祖にして、アクション界の歴史的傑作であるが、今となっては遊びづらい作品になってしまっている。スイッチの「3Dコレクション」に原作が移植されており、プレイ済み。追加要素ありの「64DS」も、過去に遊んでいる。

 
「スーパーマリオ サンシャイン」(2002/ゲームキューブ)
 南国リゾートに旅立ったマリオが、
燃やされ毒の沼に沈み、パチンコ玉として墜ちていく。3Dコレクションに初の移植が為され、プレイ済み。

 
「スーパーマリオ ギャラクシー」(2007/Wii)
 宇宙を舞台とし、重力変化による斬新なアクションが楽しめる。曲とグラフィックのクオリティが高い。3Dコレクションに移植されて、プレイ済み。


 やったことのない方々

 
「スーパーマリオ ギャラクシー2」(2010/Wii)
 「ギャラクシー」のシリーズ内続編で、前作の基本的な長所を引き継いでいる。
3Dコレクションに収録されなかったので、WiiまたはWiiUでのみ遊べるということになる。WiiUでプレイする際には、Wiiのコントローラー環境が必須である。Wiiは持っていないのでプレイしたことが無い。

 
「スーパーマリオ 3Dランド」(2011/3DS)
 最近スイッチ版が発売された「3Dワールド+フューリーワールド」と名前が似ているが、
こちらのほうが原点である。3DSで発売された固定カメラ型のアクションであり、2D作品のような操作感覚で3D空間の冒険が楽しめる。「クラッシュ・バンディクー」のような感じと言えば、私と同世代には伝わるだろうか。3DSでは遊戯王カードのゲームしかやらなかったので、未プレイである。

 
「スーパーマリオ オデッセイ」(2017/スイッチ)
 64・サンシャインに続く、箱庭探索型の本編タイトルらしい。
あまり詳しく知らないです。スイッチは最近になって触れたのでプレイ経験なし。

 
「スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールド」(2021/スイッチ)
 原作の「3Dワールド」は2013年にWiiUで発売された作品で、3Dランドの基本システムを引き継ぎつつ、据え置き機でパワーアップを遂げた作品である
(シリーズ内続編?)スイッチ版は、その全内容を含みつつ、「フューリーワールド」という大型の追加要素を持っている。どうせならスイッチで楽しみたいと思い、WiiU版は購入を見送った。

 
??「進め!キノピオ隊長」(2014?/WiiU・3DS・スイッチ?)
 「3Dワールド」のスピンオフ? よく分かりません。



 こんな感じか。扱いのよく分からない「進め!キノピオ隊長」を入れても8作であり、しかも3作はコンプリートまでプレイ済みである。残っている作品が片手で数えられるということで、もうこれは
楽勝の部類であろう。FFなんて足まで使わないと数えられないのに…。

WiiソフトはWiiUでも遊べます。しかし、画質はともかく、リモコン操作が非常にキツい…


 というわけで。残りを何からプレイするかであるが、まず考えるべきなのが、
現行ハードであるスイッチの扱いである。
 …まず、
私は、自分用のスイッチを持っていない。また、3Dコレクションのプレイ時には、通常版のスイッチを使用したが、常に携帯モードで遊んでおり、大きすぎて使いづらいと思っていた。そのため、私の使用用途だと、小型版のスイッチライトが適任なのであるが、スイッチライトにはテレビ出力機能が無いという、極めて大きな難点が存在する。私は、こんなサイトを運営している身であるので、配信機能はゲーム機の最重要ポイントと考えている。
 ――以上の理由により、通常版かライトか、どちらも私にとっては欠点が大きく、決めかねているのだ。よって、その辺りを解決してくれる新型でも出れば、決まりなのであるが、そういう話は聞こえてこない。ちなみに本日4月13日には、スイッチライトの新色として「ブルー」が発表された。私は
蒼が好きなので良いのだが、欲しかった情報はそういうことではないのだ…。
 その他、スイッチは現行ハードであり、
高い。まあ、本体が高いのは止むを得ないとしても、ソフトも高く、例えばマリオシリーズなどは、「@そもそも活発な売買が為されている」「A主なユーザー層が中古にあまり流さない」「B任天堂ソフトのダウンロード割引きがカプコンやソニーなどのように極端ではない」といった理由があるのか、中古でも5000円近くする。まあ、値段があまり下がらないのは、販売側にとっては嬉しいかもしれないが、私はあまり嬉しくない。別に、任天堂ソフトを買うからと言って、プレイステーションは遊びませんというわけでもないので…。

 逆に、現環境で遊びづらい3Dマリオ作品と言えるのが、スイッチでプレイできない
「ギャラクシー2(Wii)「3Dランド(3DS)である。
 …というわけで。本日は、この2作品を目当てに、中古屋へと行ってみた。近所のゲーム屋には、「ギャラクシー2」のソフトは売っていたが、「3Dランド」が無く、WiiUでWiiソフトをプレイする際に必要な「リモコン」「ヌンチャク」「センサーバー」の三種の周辺機器も、中途半端にしか揃っていなかった。かと言って、「ギャラクシー2」×1作のために本体を買う
(しかも、必要なのは周辺機器だけで、Wii自体は不要)というのも厳しい。
 ――そのため、小雨の中で遠出をして、ジャンク屋に近い別の中古屋に行ってみた。すると、「ギャラクシー2」「3Dランド」も売っていたうえ、ジャンク品として、
Wii本体セットが1100円という極めて安価で売っていた。欲しいのは周辺機器だけだが、これくらいの値段なら本体ごと買っても良いだろう…ということで、「2つの3Dマリオ作品」「ジャンク品のWii本体」、それに加えて、かつて楽しめなかった「Newスーパーマリオブラザーズ(DS)」「ヨッシーアイランドDS」を購入して、帰路に就いたのである。
 ちなみに、合計価格は、「ジャンクのWii本体」「ギャラクシー2」「3Dランド」「Newスーパーマリオブラザーズ(DS)」「ヨッシーアイランドDS」の5つで、
約5000円であった。これが、スイッチのマリオ1作品と同じくらいの価格である。

 というわけで。これから、3Dマリオ作品の全作クリアーを目指して、頑張ってみたいと思います。
 …まあ、
あまり早くプレイすると勿体ないので、「FFやり込み」「その他のゲーム」とも並行して、1ヶ月に1作くらいのペースでコンプリートし、また「3Dマリオ」タグで感想を書いていければ良いかな…と思います。まずは、3DSの「3Dランド」から!

(2021年4月13日)

登録タグ/ ゲーム一般 3Dマリオ
この記事のURL 日記ログへ移動する / 編集

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

2021年4月13日の記事を表示しています。

日記のメインページへ
トップへ

System: Trishula Ver.1.20