.                                                                                                                                                                                                                .
[FF7R2/HARD] 頼りになる田代 / やり込みinFF

トップページ > 管理人の日記 > 2024年4月30日の記事

管理人の日記
さすが、海苔を掛けて食べて健康なだけのことはある。

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→


2024年4月30日(火)
[FF7R2/HARD] 頼りになる田代


 
敵バーストでHP/MPを回復できるから、今回はそこまでキツくない…?


 先日、1周目の本編シナリオをクリアーしたということで、早速2周目となる
HARDモードをスタートした。
 …さて、リメイク第1弾の該当モードを遊んでいただいた方は分かると思うが、7リメイクシリーズのHARDは、通常のゲームにおける「ゲーム冒頭から始めて、少し敵が強くなるモード」ではなく、
「2周目を前提とし、敵が全て最強Lvとなる代わりに、1周目で得た要素をそのまま使用可能なモード」となっている。RPGにありがちな、「終盤に強力な装備やアビリティを手に入れたが、使い所が無い」という問題を前向きに解決できており、今後、FFだけでなく、全てのゲームに採用してほしいくらいの良要素である。

 そして、7リメイク第1弾と同じく、今回の7リバースでも、敵が圧倒的に強くなることに加えて、
アイテム使用禁止&MP回復不可という、重い制限がのしかかるようだ。ベンチで座っても、回復するのはHPだけである。そのうえ、敵の火力がとんでもなく、雑魚敵でも4桁ダメージを普通に与えてくる。ボスは更にキツく、必殺技系の攻撃が命中すると、HPの大半を削られてしまう。前作と同じく、今作のHARDも、気の抜けないモードとなっているのだ。
 …ただし。今回は、緩和策として、
オープンワールド風マップにおいては、「ざぶとん」を使うことで、MPも回復ができるようだ。まあ、MPが回復しないとなると、足早に雑魚戦を攻略して、とっととボスを倒してしまおうという前のめりの攻略が、どうしても求められてしまう。とはいえ、2周目ということで、“1周目で取り逃した探索要素を集めたい”という人も多いだろうから、その辺りを考慮して、「ざぶとん」でのMP回復が行えるようになったのだと思われる。魔法のじゅうたんならぬ、魔法のざぶとんだ。

 というわけで。今回の7リバースでも、私はHARDモードを攻略していくわけだが、
ここからは駆け足で進めていきたいと思っている。
 ――やれ、さすがに、初回プレイが
87時間と長大だったため、そのまま連続で同じボリュームを遊ぶというのは、やりすぎである。そういうわけで、2周目は、イベントを全飛ばしし、寄り道にも強を持たず、バトルゲームと割り切ったプレイを進めていくことにしたい。よって、日記に付いても、全てを記すことはなく、ダイジェスト的な感じでまとめていこうと思う。それでは、クリアまで頑張っていきたいと思うので、どうぞよろしくお願いします!

こんな部下の面倒も見られる超絶イケメンが、どうしてどん兵衛に取り込まれてしまったんだ…


1章:ニブル山(回想) マテリアキーパー vs クラウド+セフィロス
 そういうわけで、1章からHARDモードでのゲームを進めていく。回想シーンという扱いであるが、もちろんここでも敵の強さは最高レベルとなるし、クラウドさんは、1周目で覚えた全ての技を使用可能である。ちなみにセフィロスは、Lv
53という神の値であったが、これは恐らく、章開始時のクラウドのレベルと同じ値になるのだと思われる。私のクラウドさんは、クリア時のLv50から、少しだけバトル系のミッションに浮気していたので…。
 …さて、1章は、最初ということで、チュートリアル的な要素が強いのだが、
HARDだと普通に雑魚が殺しにくるので、とにかく敵を瞬殺するに限る。雑魚は、攻撃力こそ高いものの、小型の敵が硬くなっているということは無いため、「ATBブースト」からの「ラピッドチェイン」連打で削り、そして「ブレイバー」を当てるというテンプレ戦法で、かなりのところまで敵を減らしていけるのだ。
 ――ちなみに、ハードモードでは、リメイク第1弾と同じく、「アイテム使用不能」&「ダンジョン回復ポイントでのMP補充不可」という条件により、MP維持が問題となるのだが、
今作では、そこまで神経質になる必要は無さそうだ。というのも、クラウドが最後に入手できる「シルキーセイバー」という武器には、「バーストヒール」という武器アビリティが付いており、クラウドが敵をバーストすることで、HP15%・MP10%が補充される。クラウドは、「バーストスラッシュ」の存在により、敵をバーストしやすいキャラである。そういうわけで、クラウド操作のパートでは、積極的に雑魚をバーストさせることで、MPを心配する必要は全く無いという感じであった。親切を通り越して、MP補充不能というゲーム性を壊している気すらする…。

 そして。ボスは、
「マテリアキーパー」である。原作では、回想ではない(現代パートの)ニブル山のボスであったが、ニブル山を越えるとロケット村に着いてしまい、リメイク第2弾の収録範囲として齟齬が生じるためか、今作では過去パートでのボスとなった。
 …さて、1周目だと、オープニング&セフィロスとの共闘ということで、お祭り感の強い内容であったが、さすがにHARDだと強敵になっており、こちらのHP5000強に対して、
大技で4000という大ダメージを与えてくるので、ナメていると普通に負ける恐れがある。
 ――ただし、そんな強敵と戦うにあたり、
セフィロスさんの頼もしさもよく分かった。固定のマテリアとして、「●はんいか=●かいふく」がセットされているため、範囲化ケアルガにより、パーティの損傷を即座に回復できる。また、「アレイズ」を使えるため、アイテム使用不能のHARDモードであっても、仲間を復活させられる。「ファイラ」「ファイガ(今回は2ゲージ消費の技として差別化されている)で、敵弱点を突くことも可能だ。
 というわけで、そんな、とんでもないセフィロスさんの強さもあって、記念すべきHARD最初のボスであるマテリアキーパーは、初見で勝利することに成功した。でもまあ、
予想外の苦戦を強いられたことは事実である。この先のHARD攻略は、果たしてどうなってしまうんだ…。

(2024年4月30日) 708 PV

登録タグ/ ゲーム一般 FFシリーズ FF7
この記事のURL 日記ログへ移動する / 編集

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

2024年4月30日の記事を表示しています。

日記のメインページへ
トップへ


System: Trishula Ver.1.27